法人概要

HOME > 法人概要

ご挨拶

医療法人永仁会 理事長 永井 博之
医療法人永仁会 理事長 永井 博之

当医療法人の源流は昭和49年、尼崎市初の民間人工透析施設として、阪神尼崎駅近隣にスタートした「永井クリニック」です。その後昭和52年に「医療法人永仁会 尼崎腎クリニック(理事長 沼 正三 当時、兵庫県立尼崎病院名誉院長)」となり、昭和59年に移転をして、「尼崎永仁会病院」に改称いたしました。平成3年には阪急塚口駅の近隣に、人工透析施設の「尼崎北永仁会クリニック」を開設して、合計2施設で診療を行ってきました。平成5年には沼理事長の後任として私(当時、法人常務理事・尼崎永仁会病院院長)が理事長に就任して今日に至っています。平成15年には、尼崎永仁会病院を人工透析可能な療養型病院に変更いたしました。

当法人2施設の目玉と言えば、第一に、透析装置を全台オンラインHDF可能なもの(日機装製 DCS-100NX)にして、それに必要な透析液チェックの厳格化(透析液水質確保加算2算定)を行って、高水準の透析を行っていることです。次いで、両施設とも電子カルテシステムを完備し、正確、迅速な記述、伝達を行っていることです。第三に、検査分野の充実です。生化学自動分析装置、その他の装置を駆使して患者さまの体調の管理(超音波検査によるシャント血管などの管理も行っています)を充実させています。

また診療現場において、病院では、宮本昌彦院長(透析医学会専門医・指導医)を中心に、クリニックでは、理事長と院長を兼務している私と、藤巻恵一医師(透析医学会会員、ベテランの透析医)を中心にして、スタッフ一同、心を一つにして高水準な医療のご提供と、患者さまの様々なニーズに温かくお応え(ナースによるフットケアーなども行っています)ができるよう、日々専心しています。さらに、近年の患者さまの高齢化傾向を鑑みて、車などによるご通院のサポートや、管理栄養士のご指導のもと、透析食のご提供やアドバイスも行っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

経歴

京都大学医学部 卒業(同年6月医師免許取得)1970年卒
京都大学医学部附属病院内科研修員 勤務1970年〜
兵庫県立尼崎病院塚口分院内科医員1972年4月〜
兵庫県立尼崎病院本院内科医員 勤務1972年〜
永井クリニック 開設(内科・循環器科(血液透析))設立・院長1974年〜
医療法人 永仁会 尼崎腎クニック(同上科)設立・常務理事・院長1977年〜
医療法人 永仁会 尼崎永仁会病院(同上科)設立・同上ポスト1984年〜
京都大学医学博士の学位取得1986年〜
医療法人 永仁会 尼崎北永仁会クリニック(同上科)設立1991年〜
医療法人 永仁会 尼崎永仁会病院(同上科)理事長・院長1993年〜
医療法人 永仁会 尼崎北永仁会クリニック(同上科)理事長1993年〜
日本透析医学会評議員(~2007.6月)2001年〜
兵庫県社会保険診療報酬支払基金保険者代表審査委員(~2013.5.31)2002年〜
医療法人 永仁会 理事長(尼崎永仁会病院及び尼崎北永仁会クリニック)2004年〜
社団法人尼崎医師会参与2006年〜
兵庫県透析医会(社団法人兵庫県医師会分科会)参与2011年〜
医療法人 永仁会 理事長・尼崎北永仁会クリニック 院長2015年〜
専門領域
透析、腎疾患、循環器疾患、高血圧
所属学会
日本透析医学会(専門医・指導医)、
日本内科学会(認定内科医)、
日本腎臓学会(専門医・指導医)、
日本循環器学会(専門医)、
日本高血圧学会、
日本医師会認定産業医

病院沿革

昭和49年 5月診療所 永井クリニック(内科・循環器科・人工透析)設立
昭和52年 5月医療法人 永仁会 尼崎腎クリニック(内科・循環器科・人工透析)に改称
理事長 沼 正三(県立尼崎病院名誉院長)
昭和59年10月新病院へ移転
医療法人 永仁会 尼崎永仁会病院(内科・循環器科・人工透析)に改称
平成 3年10月診療所 尼崎北永仁会クリニック(内科・循環器科・人工透析)を開設
平成 5年 4月理事長 永井 博之(医療法人永仁会常務理事・尼崎永仁会病院院長) 就任
平成15年10月尼崎永仁会病院 療養型施設(内科・循環器科・人工透析)に変更