私たちは、快適で、信頼できる、医療を提供します。

安心で快適な透析生活をご提供しています

尼崎永仁会クリニックからのお知らせお知らせ一覧

2023.1.27
透析導入患者様へ 導入入院前見学および受入れ仮予約について対象:透析予定導入で規定通りの日数で退院が可能と予想される患者様が見学をご希望の場合。見学面談時期:透析導入の入院決定日から入院までの間と、入院後から退院するまでの間。(入院施設の都合で入院中の外出が不可の場合は、入院前の見学・面談も可能です。)なお、患者様の病状把握が必要になりますので、事前にかかりつけ医の先生に相談の上、診療情報提供書をご用意いただきますようよろしくお願いいたします。
2022.12.15
11月23、25日の2日間、院内研修会「心停止時の初期対応」を2回に分けて行いました。今回は、新人スタッフを中心にグループに分かれた実技・学習会となりました。講師は、小野院長。(写真は意識の確認、人を呼ぶ、呼吸の確認、胸骨圧迫の実技、アンビューバッグの使用法の確認、AED が到着した。)小野院長は、「目下、コロナ禍の対策が急務だが、診療技術の向上とともに患者の皆様の安心・安全に貢献するよう努めたい。」と語りました。
2022.10.21
第67回日本透析医学会学術集会(2022年7月1 - 3日)にて、2件のポスター発表を行いました。10/21、ポスター発表の院内報告会を開きました。看護部から「オーバーナイト透析において注射薬を経口薬に変更した業務改善の経過」を発表し、薬剤部から「当院の維持透析患者における慢性便秘症の治療薬剤の考察」を発表しました。写真は院内報告会(ポスター)の様子です。
2022.10.19
第67回日本透析医学会学術集会(2022年7月1 - 3日)にて、当院から2件の口頭発表と2件のポスター発表を行いました。10/19、口頭発表の院内報告会を開きました。院長が、透析日の朝の降圧薬の適切な処方と透析セッション中の血圧管理について、塩田医師から新型コロナウイルス ワクチン接種に伴う副反応について、それぞれ学会発表の報告を行いました。写真は院内報告会の様子です。
2022.2.21
これまで、オーバーナイト透析は月・水・金曜の夜間から翌朝にかけて行ってきました。患者様の増加や、火・木・土曜コースを開設して欲しいとのご要望にお応えして、この度、2月から火・木・土曜コースをスタートしました。この治療法を、より多くの皆さんにご提供したいと存じます。オーバーナイト透析の透析ベット数は30床あり、そのうち、完全個室を2部屋用意しています。間仕切りでゆとりをもって区切られた半個室タイプが主体です。女性専用ブースもあるので安心です。大阪・神戸・西宮からも交通至便で、当院のオーバーナイト透析に関心をお持ちの患者様はお問い合わせ下さい。この写真は半個室タイプの部屋で、引き戸を閉めればプライバシーが保たれます。向かいは尼崎城。
2021.10.22
腎臓専門の医学雑誌の『腎と透析』誌から、特集号として「腎疾患治療薬 update」が東京医学社から発行されました(2021年91巻増刊号)。関連する多数の研究者・臨床医による共著ですが、この中で小野孝彦院長が、下肢の筋攣縮、むくみなどに関連して漢方治療について執筆しています。下記は出版元の URL で、特集号の詳細です。出版社から分担執筆の別刷の提供がありますので、ご希望のかたに、お分けします。クリニック事務室までご連絡ください。 https://www.tokyo-igakusha.co.jp/f/b/show/b01/1471/zc01/3.html
2021.7.23
第24回兵庫県腎疾患懇話会(2021年7月15日)にて、小野孝彦院長が発表を行いました。研究会の発表と討議はオンライン形式で行われました。慢性腎不全における血液透析において、透析終了近くの過度な血圧低下は、まず目標体重をアップして除水を緩めるべきこと、また同時に降圧薬をスキップすることを避けるべきと、まとめました。そして1996年に英文で発表したアムロジピン論文を再訪し、有用性は揺らいでいないと述べました。写真は後日の院内報告会の様子です。          
2021.6.08
第66回日本透析医学会学術集会(2021年6月4~6日)にて、当院から4件のポスター発表を行いました。栄養科から三宅主任が「コロナ禍における透析導入期栄養指導」について。看護部・薬剤部共同で、「服薬忘れの改善のための配薬BOX活用の取り組み」について。臨床工学技士課 巽主任から「オーバーナイト透析を導入後の1年経過した評価」について。小野院長から「高血圧を伴うオーバーナイト維持透析の血圧管理」について報告しました。写真は後日の院内報告会の様子です。
2020.11.25
第65回日本透析医学会学術集会(2020年11月2-24日WEB開催)にて、小野孝彦院長と看護部阿部主任が発表を行いました。小野院長の発表は「高用量β遮断薬治療中の維持透析除水に関する留意点と心機能の改善効果」という演題で、注意深く除水しながら薬物療法により慢性心不全の心機能が改善するという報告です。また阿部主任の発表は、病院病棟から丸ごとオーバーナイト透析施設に移行した当院のケースを紹介しました。写真は後日の院内報告会の様子です。
2020.10.21
第50回日本腎臓学会西部学術大会(2020年10月16~17日)にて、小野孝彦院長が発表を行いました。慢性腎不全における慢性便秘症に対するクリニックの便秘薬の全般使用状況から、大腸刺激性下剤の他にリナクロチド(リンゼス)や漢方薬の大建中湯の応用を示しました。写真は後日の院内報告会の様子です。
2020.9.30
9月18、25日の2日間、院内研修会「心停止時の初期対応」を2回に分けて行いました。今回は、新人スタッフを中心に少人数のグループに分かれた実技・学習会となりました。講師は、JMECC, ICLSインストラクターの小野院長。(写真は胸骨圧迫の実技、アンビューバッグの使用法の確認、AED が到着した。)
2020.8.31
当院は女性専用の小部屋の透析室を、オーバーナイト透析の女性患者さんのため用意しています。安心してオーバーナイトの透析を受けて頂けるよう女性スタッフが設計し、着替え室も内部に組み込みました。今回、廊下をはさんで向かいにパウダースペースを整備しましたので、働く女性の朝の支度にお役に立つものと思います。(写真はパウダースペース:大きめの姿見に、ハイスツール、ロールスクリーンなど)
2020.7.7
5階のオーバーナイト透析施設の運用を開始しました。尼崎永仁会クリニックでは、2019年9月にオーバーナイト透析を開始しました。阪神尼崎駅(阪神線 大阪梅田駅から特急7分、阪神なんば線 大阪難波駅から約20分)徒歩2分とアクセスが良好で、4府県の近畿圏にお住い、またはご勤務の患者様から広範囲にご来院いただいています。当院はクリニックとしては大きめの7階建にて、オーバーナイト透析施設は5階・6階に設置しています。これまで6階の施設を運用しておりましたが、ご好評をいただきまして、2020年7月から5階施設でも運用開始いたしました。オーバーナイト透析の適応となる多くの皆様にご利用いただけることを願っています。詳しくは、当院ホームページの「オーバーナイト透析」のご案内をご覧下さい(お問い合わせは、TEL 大阪 06-6413-3515 まで)
2019.12.30
12月11日、20日の2日間、院内学習会「心肺停止時の初期対応」を全職員を対象に実技・学習会を行いました。講師は、JMECC,ICLSインストラクターの小野孝彦院長
2019.10.4
尼崎永仁会クリニックでは、9月からオーバーナイト透析を開始しています。阪神尼崎駅(阪神線 大阪梅田駅から特急7分、阪神なんば線 大阪難波駅から約20分)徒歩2分とアクセスが良好で、4府県の近畿圏にお住い、またはご勤務の患者様から広範囲にご来院いただいています。元の入院病室を透析のための半個室または完全個室に改装したものが大部分で、入院担当スタッフを核にして医療チームを編成しましたので、夜間も安心して就寝いただける環境をご提供できるものと思います。詳しくは、当院ホームページの「オーバーナイト透析」のご案内をご覧下さい(お問い合わせは、TEL 大阪 06-6413-3515 まで)。
2019.9.13
日没後に川向かいの尼崎城で、薪能「葵上」が上演され、当院スタッフと患者様で一緒に観能しました。堀割の水の上に特設ステージが設置され、城の外壁が舞台の後ろ正面(鏡板の場所)というアイデアで、謡いの声やお囃子の音も良く響きました。幻想的な雰囲気の中で鬼と修験者が戦い、源氏物語を題材にした優美さと緊迫感あるひと時を味わいました。邪気を払い心静かなエンディングを迎えました。なお、観能に先立って、9月10日に院長による「葵上」の見どころ解説の会を院内で開きました。
2019.8.24
9月下旬からオーバーナイト透析を開始することになり、受け付け中です。オーバーナイト透析の透析ベッド数は30床あり、そのうち、完全個室を2部屋用意しています。間仕切りでゆとりをもって区切られた半個室タイプが主体です。入院病棟の経験があるスタッフが中心となり対応するので、深夜のオーバーナイト透析も安心して過ごしていただけます。大阪・神戸・西宮からも交通至便で、当院のオーバーナイト透析に関心をお持ちの患者様はお問い合わせ下さい。この写真は半個室タイプの部屋で、引き戸を閉めればプライバシーが 保たれます。向かいは尼崎城。
2019.7.1
阪神尼崎駅(阪神梅田から特急7分、阪神なんば線大阪難波駅から約20分)徒歩2分と、神戸・西宮・大阪からのアクセスも良好な尼崎永仁会クリニックでは、今年の9月からオーバーナ イト透析を開設する予定で準備を進めています。当院のオーバーナイト透析に関心をお持ちの患者様はお問い合わせ下さい。TEL 大阪 06-6413-3515
写真は準夜・夜間透析中の当院です。オーバーナイト透析の開設により終夜透析を実現し、旅行透析などと共に、患者様のQOL(クオリティオブライフ)の向上に役立つよう努力しています。
2019.6.28
第64回日本透析医学会学術集会(パシフィコ横浜)にて、小野孝彦院長の口演発表・仲山心公臨床工学技士のポスター発表を行いました。 小野院長の発表は、心臓合併症にベータ遮断薬で治療中は、注意深く除水を調整することによりドライウェイトを達成する必要があることを示しました。 仲山技士の発表では、比較的低栄養の高齢者にもNVF-M透析膜が安全に使用出来ることを示しました。会場内では活発な討論が交わされ盛況な学術集会でした。
写真は帰院後に開かれた院内報告会の様子です。
2019.4.14
医療法人永仁会と患者会様とで共催の講演会が尼崎中小企業センターで開かれました。
尼崎総合医療センター循環器内科部長 当麻正直先生による「透析患者さんの血管疾患とその治療」のテーマで分かりやすく解説がありました。会場いっぱいの聴講者で盛況でした。
また、講演会のクロージングに小野孝彦院長の観世流謡曲「吉野天人」の披露があり出席者のご健勝を祈念しました。
2019.4.1
塩田文彦医師が着任致しました。塩田医師は日本腎臓学会専門医と日本透析医学会専門医資格を持つ内科医です。
2019.3.17
当院の川向に、尼崎城天守が約145年ぶりに再建されました。その記念に、スタッフ一同から寄付を募り「尼崎城桜植樹」に参加してきました。これから春になると尼崎城址公 園内に咲く桜をスタッフ一同楽しみにしています。
2019.2.1
内科一般外来と漢方診療を始めました。
漢方診察は小野孝彦院長により水、金、土曜日(9:00~12:00)に行っています。

尼崎北永仁会クリニックからのお知らせお知らせ一覧

2022.12.01
第33回兵庫県透析合同研究会にて、一般演題「新型コロナウイルス感染患者の対応」というテーマで筆頭発表者,看護副師長が発表しました.「穿刺針の太さの違いによる実血流量測定の試み」というテーマで筆頭発表者,高木看護主任が発表しました.
2022.08.23
「災害伝言ダイヤルの訓練のお知らせ」 9月1日にNTT西日本の災害用伝言ダイヤル171を用いた模擬訓練を行います.家庭の電話・携帯電話などから171にお掛けになって,当院からの伝言を聞いて頂くことができます.災害伝言ダイヤルの使用方法は患者さま情報カードや災害時マニュアルに記載しています. 初めて参加される方や,以前参加頂いて上手く伝言が聞けなかったり操作方法がわからない方がいらっしゃいましたら9月1日以前にスタッフにお尋ね下さい.訓練は任意ではありますが,繰り返し行うことが大事だと思いますので是非参加下さい.
2022.08.09
第67回日本透析医学会学術集会総会にて、セッション看護/バスキュラーアクセス/教育・その他「穿刺針の太さの違いによる実血流量測定の試み」というテーマのポスターで高木由紀が発表しました。
セッション水処理/洗浄剤-2「除錆機能付加型炭酸カルシウム溶解剤 サンフリー SNの使用報告第2報」というテーマのポスターで筆頭発表者、石川亮太が発表しました。
2022.01.17
第27回日本HDF医学会学術集会・総会に「除錆機能付加型炭酸カルシウム溶解剤サンフリーSNの長期間の使用報告」というテーマで筆頭発表者,石川亮太が発表しました.なお発表内用を(株)アムテック様のHPにて掲載されています.http://www.amtecnet.co.jp/topic/announcement/
2021.08.23
「災害伝言ダイヤルの訓練のお知らせ」 9月1日にNTT西日本の災害用伝言ダイヤル171を用いた模擬訓練を行います.家庭の電話・携帯電話などから171にお掛けになって,当院からの伝言を聞いて頂くことができます.災害伝言ダイヤルの使用方法は患者さま情報カードや災害時マニュアルに記載しています. ご不明であればスタッフにお尋ねください.訓練は任意ではありますが,災害の多い昨今ですので是非参加ください.
2021.06.15
第66回日本透析医学会学術集会総会にて、セッションCOVID-19「発熱者及びCOVID-19感染者を疑う患者の対応」というテーマのポスターで看護部から発表しました。
セッション薬剤「ベンゾジアゼピン受容体作動薬(BZ)からオレキシン受容体拮抗薬スボレキサント(SV)に切替えをした維持血液透析患者10名の検討」というテーマのポスターで筆頭発表者、前田知永子が発表しました。
2021.02.16
「災害伝言ダイヤルの訓練のお知らせ」 3月1日にNTT西日本の災害用伝言ダイヤル171を用いた模擬訓練を行います.家庭の電話・携帯電話などから171にお掛けになって,当院からの伝言を聞いて頂くことができます.災害伝言ダイヤルの使用方法は患者さま情報カードや災害時マニュアルに記載しています. 初めて参加される方や,以前参加頂いて上手く伝言が聞けなかったり操作方法がわからない方がいらっしゃいましたら3月1日以前にスタッフにお尋ね下さい.訓練は任意ではありますが,繰り返し行うことが大事だと思いますので是非参加下さい.
2020.08.27
「災害伝言ダイヤルの訓練のお知らせ」 9月1日にNTT西日本の災害用伝言ダイヤル171を用いた模擬訓練を行います.家庭の電話・携帯電話などから171にお掛けになって,当院からの伝言を聞いて頂くことができます.災害伝言ダイヤルの使用方法は患者さま情報カードや災害時マニュアルに記載しています. ご不明であればスタッフにお尋ねください.訓練は任意ではありますが,災害の多い昨今ですので是非参加ください.
2020.02.19
「災害伝言ダイヤルの訓練のお知らせ」 3月1日にNTT西日本の災害用伝言ダイヤル171を用いた模擬訓練を行います.家庭の電話・携帯電話などから171にお掛けになって,当院からの伝言を聞いて頂くことができます.災害伝言ダイヤルの使用方法は患者さま情報カードや災害時マニュアルに記載しています. 初めて参加される方や,以前参加頂いて上手く伝言が聞けなかったり操作方法がわからない方がいらっしゃいましたら3月1日以前にスタッフにお尋ね下さい.訓練は任意ではありますが,繰り返し行うことが大事だと思いますので是非参加下さい.
2019.08.17
「災害伝言ダイヤルの訓練のお知らせ」 9月1日にNTT西日本の災害用伝言ダイヤル171を用いた模擬訓練を行います.家庭の電話・携帯電話などから171にお掛けになって,当院からの伝言を聞いて頂くことができます.災害伝言ダイヤルの使用方法は患者さま情報カードや災害時マニュアルに記載しています. ご不明であればスタッフにお尋ねください.訓練は任意ではありますが,災害の多い昨今ですので是非参加ください.
2019.08.10
今年も災害対策訓練を8/4に行いました。今年は避難訓練と停電時の患者監視装置(透析装置)の操作方法に的をあてました。詳しくはお知らせ一覧をご覧になって下さい。
2019.07.13
第64回日本透析医学会学術集会総会にて医療安全対策2のセッションに「当院の災害対策への取り組み」というテーマで筆頭演者、山本福栄が発表しました。
透析モニタリング/HD3のセッションに「サンフリーSNの使用経験」というテーマのポスターで筆頭発表者、石川亮太が発表しました。
2018.11.16
第30回兵庫県透析合同研究会(10/21)にて「当院の災害対策」というテーマで一般演題に発表してきました.筆頭発表者 山本福英
2018.10.26
栄養課の情報を更新しました。
2018.1.26
2018/1/14 透析用水作製装置(RO装置)をDCnanoⅡ Aoに新規更新しました. 熱水によるROモジュール・RO水タンク・透析用水配管の消毒が 安全かつ自動に行えるようになり透析用水の更なる高品質な「水」が供給できるようになりました. 
2017.8.6
災害避難訓練を、今年は患者様にも参加して頂き行いました。実際に停電状態にした中で、仮想患者8名を独歩・護送・担送にて避難をするという内容でした。 
2017.6.19
第62回日本透析医学会学術集会(6/16~6/18)でポスター発表してきました。演題名「当院の災害対策」、筆頭発表者 甲斐朋子